SSブログ

亡命の連続でひとつの亡命世界政府の誕生? [society]

昨日、中国の反体制派作家の金傑氏が、暴行や嫌がらせを受けたことを理由にアメリカに亡命したことが報じられました。

亡命
政治や宗教、思想的な理由により自国から他国に逃げること。

亡命と難民の違いってみなさまご存じですか?
実は、亡命者と難民に明確な線引きはされていません。難民は「自国の政府から迫害される恐れがあって国外に逃れた者」と国連の難民条約で定義されています。迫害される理由は戦争や紛争、天災などの理由がありますが、政治的なものも含まれるので、言ってしまえば、亡命者は難民のひとつに含まれることになります。難民は難民でも、政治的理由など、一般人ではなく、政治家など、それなりに名のある人が国を逃れた場合、亡命とよぶイメージでしょうか。(一般人は難民?)

説明だけで長くなってしまいましたが、、

亡命者がほとんどいない、出て行くことの少ない日本ですが、実は、受け入れることも少ない日本。

90
年から00年にかけての難民認定者数はドイツ約16万人、カナダ約13万人、アメリカ約8万人、、、日本はわずか60人。。前に、難民認定を求めたクルド人を本国に強制送還した日本の対応に、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)から批判がありました。難民鎖国と言われる日本の対応もいかがなものか。

亡命
すごい字を書きますよね。(語源は命=戸籍をさすらしい)
故郷を捨ててくるほどのすごい覚悟の人たちをやさしく迎え入れてあげたいですね。

今回もアメリカへの亡命です。日本人の亡命も聞かないけど、中国への亡命っていうのも聞かないなあ。

見方によっては、亡命者の母国と亡命先の国の思想は、まったく異なるもの、とも言えるかもしれません。今回は中国とアメリカ。どうなんでしょうねえ^^

アメリカはおなじみですが、中国はまだ得たいの知れないところが正直あります。

こんなんありました。
中国人の世界観というもので、中国人ネットユーザーを対象に世界各国に対するイメージをアンケート調査したものです。

先進国に対する中国人のイメージ、それぞれトップ3

アメリカ:覇権 強大 傲慢
ロシア:強硬 軍事大国 土地が広く物質が豊富
日本:反中国 変態 軍国主義
ドイツ:厳格 先進 自動車
ブラジル:親切で豪放 サンバ サッカー 遠い
南アフリカ:ダイヤモンド アフリカの先進国 黄金
インド:チベット独立支援 尊大 反中国
フランス:ロマンチック 流行 エッフェル塔
イタリア:マフィア 流行 ローマ帝国

その他の詳しい結果はこちらを
http://kinbricksnow.com/archives/51769156.html

日本の結果、うけますね^^中国にとっても日本は得体のしれないものなのかもしれません。変態で軍国って、こわいですよね笑。

こうやってみると、国と国とでやはり、イメージのギャップも生じているし、実際、国ごとのギャップはあると思います。(国それぞれだから仕方ない部分はあるけど)また、一方で、亡命者が出続けるということは、世界には全国民を満足させている国家が存在していないことも意味するのかもしれません。(全国民が満足って、ホントに理想国家ですが)

たとえば、日本が本当にすらばしい国で、世界のみんなが私も私もって亡命をしてきたら、最終的にはひとつの国になっちゃいますね笑

国連以上の世界政府の誕生

うん、おもしろい妄想だ

ではでは

P.S.
ご覧のようにブログトップ画像リニューアルしました~!デザインは広告会社時代の同期の角谷庸一氏。実は名刺も彼に作ってもらっています。今までに私の名刺をもらった人はおしゃれな名刺だと思ったでしょ?^^私の同期はいい意味で変人くんが多いです。会社やめて、自転車で南北アメリカ大陸縦断しちゃう人間もいたり、私みたいに一から音楽始めちゃう人もいたりするわけです。それぞれの分野でみんな羽ばたいておりますが、今回のように、また、どこかでつながって、みんなで何か作れたらいいなと勝手思っている私です。とりあえず、デザイナーの角谷庸一氏を私含めてよろしくです。

henngao.jpg
プロフィール写真はすかしていますが、こんな引き出しも私にはあるんです。(というか得意です)
これをネタでプロフィール画像にしようとしましたが、ストップがかかったので。。
イメージは北斗の拳で敵が死ぬ瞬間です。あべし~!
スマイル0円、変顔も0円。それでまわりが明るくなったら、それでよし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。