So-net無料ブログ作成

運気アップの方法。科学的&自論 [philosophy]

運が良い悪いは本当にあった!科学的に証明された運気アップ法がタメになる
http://irorio.jp/natsukirio/20160121/295695/


運が良いと勝手に思っている私です。
でも、さらに運がよくなるのなら、是非是非って感じですね^^(欲張り)

記事によれば、

運が良い人に共通していること
・よく笑う(普通の人の2倍笑う)
・人とよく目を合わせる
・身振り手振りが大きい
・腕組み、足組みをしない

運が良い人の統計学上の特徴
・現金を持ち歩く
・ペンと紙を持ち歩く
・一人で食事をしない

運気を上げる方法
・楽観主義になる(このラッキーアイテムをつけると上手くいくというような思い込み)
・運が強い、良いと思い込む
・「やるぞ」という意思よりも、「うまくやれている」という想像(イメージ)が大事

さあ、みなさんはどうでしょうか?

記事の最後に、
「人生の岐路で、どっちへ行くかを選ぶ時、困難な方を選ぶ人の方が絶対にうまくいく。なぜなら、困難な方を選ぶ人は『それでも行ける」という自信があるから。だから運がついてくる。安易な方を選ぶ人は、困難な道は怖くて行けない、自信がないから。結果、運が悪くなる」
と書いてあったのも興味深かったです。^^

改めて、上述の運気アップに関して言うと、統計学的なところはよくわかりませんが(なぜに現金を??)、大まかに見ると、運気アップに大事なことは「よく笑うこと、自分の運が良いと思い込むこと」がメインなような気がします。

いや、もっと、ざっくり言えば「笑うこと」にかなり集約される気がする私です。(複雑大嫌い、シンプル大好き。笑)

だって、運が良いと思えれば笑えているはずですし、うまくやれていると思えれば笑えているはずです。(誰かと食事をすれば笑う機会も増えるでしょう)

だから、笑うが結果的に運気をあげるのでは?という発想です。

何も、トラブルなどで大変な時、不幸があった時も、常に笑っていろという話ではありません。平常時、日常の中でどれだけ笑えるかというのが大事なのかもしれません。(だって平常時が全体の8、9割くらいを占めるでしょうから、そこが人としての基盤になるはずです。)

消しゴムが机から落ちた、雨が降った、やんだ、そんなくだらないことでクスッと笑うだけでもかなり変わるのかもしれませんね。

以上、常に笑い顔で運の良い私が運気アップの方法として「笑い」をゴリ押ししてみました。

私の場合、あとは現金とペンと紙を持ち歩くくらいかな。へへへ。

ではでは

laugh.png
泣いている集団の中に笑っている人なんてまずいませんよね?その逆もしかり。自分が笑っている時はだいたい周りも笑ってます。それだけを考えても、笑うだけで運気というか良いことがたくさんありそうですよね。
さらに余談、、
いつもは冷たく暴力的な彼氏(彼女)がたまに優しくするだけで「あの人は本当は優しい人なの」とか言っている人はただのバカです。その逆も同じで、普段優しい人がたまにひどいことをすると「ひどい本性が出た」と言い出す人も大バカ者です。(失礼^^;)あくまで、その人の基盤や本質は平常時(普段)にあります。そう、笑い顔の私だって怒ることはありますよ。(その時は驚異的な効果を発揮します。笑)でも、そんなの私のほんの一部分。すべてではありません。普段の積み重ねがその人を作り上げています。(普段がその人自身です。)つまりは、普段から笑うということが、運の良い人を作り出すということにもなるのかもしれませんよね。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。